社会貢献活動

社会貢献活動について

社会貢献活動をご紹介します。

活動紹介

NTT労組では、各企業本部・総支部や地域を通して、全国でさまざまな社会貢献活動を行なっています。
ここでは、そのような全国各地で行われている活動をご紹介します。

地域での活動

NTT労組が日本各地で行なっているボランティア活動の一例をご紹介します。

特別養護老人ホーム「あいハート須磨」でのボランティア(兵庫県グループ連絡会)

全電通(現NTT労働組合)近畿の組合員が心身障がい者施設建設のために開始したカンパをもとに、1995年4月に設立した特別養護老人ホーム「あいハート須磨」において、一年を通じてボランティアを行なっています。
清掃ボランティアをはじめとして、「お花見」や「夏祭り」などのイベント行事のサポートなども実施しています。

ケア付き阿波踊り・ねたきりになら連(東京グループ連絡会)

毎年8月中旬の阿波踊りの時期に、ケア付き阿波踊り「ねたきりになら連」実行委員会を主催とする活動です。
脳血管障害などの体の不自由な車椅子のお年寄りとボランティアがメンバーとなり「機能回復と社会参加の場」として阿波踊りに参加しています。

児童労働撲滅キャンペーンin神奈川(神奈川県グループ連絡会)

NTT労組は社会貢献活動の一環として「児童労働撲滅運動」に積極的に取り組んでいます。
神奈川においては、2006年から継続して「児童労働撲滅キャンペーン」を展開しています。神奈川県在住の皆さんに児童労働の実態を知って頂き、その問題と撲滅に向けた各種取り組みの理解を深めてもらうために、ILOやNGOと連携して、パネル展示などを行なっています。

海外での活動

各企業本部を中心に行われている、国際活動への取り組みをご紹介します。

スタディツアー(西日本本部)

アジアの平和を意識するとともに、人身売買や児童労働の撲滅に向けて、現地の人々の自立をめざして活動している団体の取り組みを現地で学ぶ、スタディツアーを開催しています。
現地では、支援団体と連携し、視察・学習等を行い、現状理解を深めるとともに、参加者が実際に「見て、聞いて、感じた」ことを基に、「児童労働撲滅に向けて何ができるか」を考え、児童労働に関わる各種イベントに参加・協力するなど、継続的な行動につなげています。

「砂漠を緑に」(ドコモ本部)・「沙漠を緑に」(データ本部)

クブチ砂漠での植林活動は、全電通時代の1992年に初の調査隊派遣以降、若年層で構成されたBuddy's1次~3次隊、その後、ホルチン砂漠へと場所を移し、各企業本部等の独自隊の派遣により取り組まれている活動です。これまでドコモ本部はのべ349名、データ本部はのべ366名の組合員を現地に派遣し、緑化活動に汗を流してきました。
本活動は単なる緑化活動にとどまらず、隊員相互のネットワーク作りや、現地の生活に直に触れるなど、新たな価値感を醸成でき、今後の隊員それぞれの地域におけるボランティア活動への自主的参加に大きな弾みとなる活動です。

その他の支援活動

NTT労組では、上記の他にもカンパ、献血、寄付などその他の支援活動を行なっています。組合員の方で参加されたい方は、各企業本部、グループ連絡会、分会等の情報を確認してください。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第689(8月5日)号
 「おもちゃ病院」って知っていますか?お子さんやお孫さんのおもちゃが壊れた時、すぐ捨てている人が多いのでは?でも、ちょっと待って下さい。「おもちゃ病院」に持っていけば直るかもしれません。なんと来院した9割以上のおもちゃがまた息を吹き返すのだとか。本号4-5面には、東京・四ツ谷にある「おもちゃ病院」を取材(「おもちゃ病院」は全国にあります)。壊れたおもちゃがあれば、一度おもちゃ病院を受診してみては?

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連