Grassroots

投票行動でモラルなき政治家裁く
2017/07/01
問われる有権者の役割
 国立社会保障・人口問題研究所が公表した「日本の将来推計人口」は、経済社会の担い手である勤労者数が減少していく「人口オーナス」現象の深刻化を問題視している。

 今後、団塊世代が後期高齢者層へと移行し、社会保障を通じた財政赤字を加速させる「2025年問題」は周知のとおり。しかし、本質は、その先にある団塊世代のジュニアが後期高齢者層となる、2050年以降の厳しい現実を認識すべきと警鐘を鳴らしている。

 こうした社会保障問題を抱える中、「自民党の2012年問題」。野党時代に大量初当選を果たし、政権を奪取した二期生による不祥事が止まらない。厚労省の官僚出身、社会保障を主要な政策に掲げる議員のパワハラ問題。激情型の性格は永田町でも知られ、秘書や職員が定着しないとの報もある。自らの立場を利用した、秘書に対する暴力、流れ来る聴くに堪えない暴言は、国会議員としての資質以前に、社会人・人としてのモラルの問題だ。

 自民党は、内閣支持率の低下に対する危機感と都議選への配慮から、離党届を受理する方向で急ぎ幕引きを図るつもりだろうが、適格性を欠く議員に要職を与えてきた責任は免れない。

 東京都議選の結果には、本紙発行日程から言及できないが、争点の一つは、「東京大改革」を掲げた小池都政の信任。もう一つは、都政における、「自民党の第一党維持」「都民ファーストと公明党の選挙協力で過半数確保」「野党の行方」での主導権争いだが、時代の空気を反映し国政先行指標とされる都議選。

 しかし、都政がいかなる体制となろうとも、度重なる議員の不祥事を直視すれば、常に有権者に問われる投票の意義こそが試されていることを、認識しておくべきだろう。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第697(11月4日)号
 衆院選を受けた第195特別国会が11月1日召集され、NTT労組組織内議員・岡本あき子議員が初登院しました。国会議事堂に入り、自身の名前が書かれた登院ボタンを探すようすに新人議員らしさを感じました。その後、厳かな雰囲気の中、議員バッチが授与されました。仙台市での信頼と期待が高かった岡本議員、次は、国政でも頑張ってもらえるはずです。本号1面には、岡本議員の初登院のようすを掲載しています。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連