Grassroots

3.11復興実感できる対策を
2018/03/10
 「東日本大震災」発災から七年を前に、世論調査が報道されていた(3月4日付『東京新聞』)。「東日本大震災の復興について『順調に進んでいる』『どちらかといえば順調に進んでいる』が四五%、『順調に進んでいると思わない』『どちらかと言えば順調に進んでいると思わない』が52%」。「被災地や東京電力福島第一原発の廃炉作業、福島県の避難区域の現状に対する関心について『高いまま』『高くなった』が65%、『低くなった』『低いまま』が34%」などである。「風化させない」「教訓を生かした災害への備え」が重要であり、復興に関しても、すべての被災者・被災地が「復興が進んでいる」と実感する対策を、国や地方自治体などが早期に取り組むべきだ▼全電通労働会館が、1988年6月10日の竣工から30年を迎える。館長から「会館入居者やホール等の利用者・地域・消防なども含め、防災マニュアルを再度見直したので、理事会に諮りたい」との提案があり了承した。NTT労組、情報労連「危機管理マニュアル」と共に、周知・意識啓発の機会としたい。家庭や職場でも、それぞれで作成された「防災マニュアル」等を読み返してほしい▼2018春闘は、いよいよヤマ場。「経済の好循環」「デフレからの脱却」には個人消費の拡大が重要。「月例改善だと効果は8割強。一時金は3割程度」との分析もある。労働組合は、「月例賃金改善こそが重要だ」と主張している。経営者団体等が「月例のみならず一時金などバランスを考えて配分」との考え方を強調し、賃金相場が形成されることを危惧するが、労使自治のもとで徹底した交渉を強化する▼他方、「ルールなき国政」「性善説・信頼に値しない行政機関」なのか。通常国会で明らかになった「働き方改革のデータ問題」をはじめとした「不審事項」は、早期に明らかにした上で決着させ、国民生活に視点をあてるべきだ。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第736(12月8日)号
 今週の1面では、11月21日に開かれた参議院災害対策特別委員会での組織内・吉川さおり参議院議員の質問もようを掲載しています。また、1~2面では、11月30日~12月1日に開かれた、NTTリーダーズセミナーでの各種講演もよう、4~5面では、12月1日で、結成20年を迎えたNTT労組の10年の振り返り(写真と年表)、6面では、今週号から始まった、富岡悠平さんによるコラム『健康百科』を掲載しています。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • 岡本あきこ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連