Grassroots

吉川必勝こそが組織力
2018/04/07

 行政の不祥事が続く中で少し考えてみよう。三権分立は権力を集中させず、日本の統治を構築している。行政権の長は内閣総理大臣、立法権の長は衆・参の議長、司法権は最高裁判所長官である。私たちは、日常生活で憲法と暮らし、憲法に基づく法律・ルールの中でさまざまな課題に向き合っていることからすれば、「憲法改正」が必要だと飛躍できるのか。「憲法は権力者を縛る法律」であることを認識できているのか。法学的論争では、多岐にわたる論点があるのかもしれないが、国民から見れば、漠然としているとしか思えない。それよりも、まずルールを守るべきではないのか▼先週号に「公文書の改ざんは絶対に許せない」と強調した。今や、他の省庁からも次々と出される隠ぺいの事実。責任論はどうか。組織である以上、知らなかったでは済まされないだろう。私も就任時、先輩から「トップとして、不祥事が起こった時に現場だけの責任にすることがあってはならない。知らなかったではなく、組織の責任はトップの責任である」と説かれ、共感し納得した。16万現職組合員と12万超えの退職者の会会員を思う時、これまで以上に緊張感を持って指導にあたっている▼先週末から、「民進党」の動きが活発になっている。今後の推移を見守りたいが、巨大与党のおごりを許さないためにも、しっかりとした理念と責任者の下で役割を果たしてほしい。不祥事の徹底解明等に早期に取り組まなければ、国民が「もういいやん」となる。不問になる危機感を持つ▼私たちは、昨年の定期全国大会で「吉川さおり」を組織内候補に決定。吉川参議院議員は「生活者の視点に立った政治の推進」「誰もが夢と希望を持てる社会の実現」「思いを託せる政治の実現」を理念に掲げる。あらためて強調すると吉川の必勝こそが組織力である。「勝つため」の取り組み・決断が重要となってきた。

 


組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第731(10月13日)号
 今週の1~2面では、10月3~5日に、都内で行なわれたプロフェッショナルコース〈後期〉のもようを掲載しています。NTT労組運動を推進・指導する役員としての資質向上に向けて14人が参加。中央本部・平田事務局長による講義では、NTT労組運動の課題認識などを全体で共有しました。また、NTT労組・園木久治顧問が、「労働運動の歴史と意義」について講演し、参加者はNTT労組の前身・全電通の歴史を学びました。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • 岡本あきこ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連