Grassroots

過去最高の営業収益・営業利益
2018/06/09
 中米グアテマラでのフエゴ山噴火の映像をニュースで見た。突然噴煙が人々に襲いかかった。走って逃げる人と立ち止まっている人。思わず、「雲仙・普賢岳噴火時の火砕流」を思い出し、テレビに向かって「早く逃げて」と叫んだ。おりしも6月3日が雲仙・普賢岳の大火砕流被害から27年目で、島原地区で行なわれた追悼式のニュースを見たところであった。火砕流は100~700度にもなると言われており、フエゴ山の噴煙とは違うのかもしれないが、普通の煙とは違うわけであり、「立ち止まってはいけない」状況だ▼日本列島では、5月7日の奄美地方、同8日の沖縄地方と、各地で梅雨入り。関東甲信・近畿・東海地方でも6月6日に梅雨入りが発表された。昨年の「九州北部豪雨」では、福岡県朝倉市の48のため池が決壊し甚大な被害をもたらした。福岡県の調査では、当初「警戒が必要なため池は4050ヵ所のうち80ヵ所」としていたものが「1408ヵ所に上る」と報道された。自然災害が「毎年各地で報告」されていることからしても、いま一度皆さんの地域を見渡してみる必要があると考える▼「災害を風化させない」大きなポイントは教訓を生かし「備える」ことだ。誰もが経験しない噴煙・火砕流の状態は想像できないが、被害の実態から学ばなければならない。また、風・水害では「おかしい」と思ったら、役場・消防などへ連絡し早めに避難すべきである。特に、避難に介助が必要な場合は日頃からの準備・心構えが重要となる▼定期全国大会は福島県郡山市で開催。大会での活発な論議はもとより、復興・再生の取り組みや「風評被害」を考える場としたい。東日本本部が5月下旬に「東日本元気プロジェクト(3年目、6回目)『2018春の陣』」で田植えと学習会を開催している。各企業本部等の取り組みに共感しており、継続した取り組みとしてほしい。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第725(8月4日)号
 今週の1面では、7月6日未明から、西日本を中心に各地を襲った「平成30年7月豪雨」における情報労連の要請に基づいたNTT労組のボランティアなどの対応もようと、国会生活12年を迎えた組織内・吉川さおり参議院議員の意気込みを掲載しています。また、4~5面では、退職者の会岐阜県支部協の会員が活躍する、一人親家庭の子供の学習支援を行なうNPO法人「子援隊」について掲載しています。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • 岡本あきこ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連