Grassroots

2018年末に思う
2018/12/22
 師走の慌ただしい中、皆さんには、健康で安全な日々を過ごされるよう祈念します。さて、NTTの澤田社長が就任会見で示した「デジタルトランスフォーメーション」を軸とした今後のNTTグループの企業像については、11月6日に「NTTグループ中期経営戦略」として発表された。2030年頃までを展望し、「グローバル、クラウド、B2B2X」をさらに強化し、社会的課題の解決に向けICTを活用していくものである。具体的には、3・5・7年のスパンで各社が体制整備に取り組むこととなる。年明け以降、労使対応を強化し、この中期経営戦略と年度事業計画について職場に説明していく▼NTT労組結成20年を迎え、「雇用、労働条件の維持・向上や安心・安全を追求するため、会社や社会課題に対応し組合員から頼られ信頼される組織となることがNTT労組の存在意義を高める」と、みんなで決意▼今年は、「大阪北部地震」をはじめ、「西日本豪雨」、台風等の風水害、「北海道胆振東部地震」など災害のすさまじさ・恐怖をあらためて感じた。命を守るためにも、防災意識を高めてほしい▼『主張』的に課題列挙すれば、「基地負担の軽減こそが最重要であり、辺野古に新基地は必要ない。民意を無視する土砂の投入は認められず怒りを持とう」「重要法案にもかかわらず法案成立ありきとなった臨時国会。2015年以降続く与党側の国会軽視であり、国民の代表である国会議員が求める論議をさえぎり強行採決することは国民の意思を無視するものだ」「野党である立憲と国民のまとまりのなさは有権者からの信頼を得られない。政党ごとの立ち位置はあろうが野党間での政局は恥ずかしい。連携して与党に対峙すべき」「防衛費の伸びと攻撃型兵器の購入で軍事大国の道を突き進むのか。危機感を持つ」――等、2019年も発信したい。新年が皆さんにとって良き年となりますように。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第739(1月12日)号
 今週の1~2面では、「2019春季生活闘争方針」確立に向けて、1月10日から始まった各企業本部の総対話もようと、第24回中央委員会『議案』提起の考え方をはじめ、2019春闘要求の考え方や取り組みの進め方について、中央本部・平田事務局長へのインタビューもようを掲載しています。また、1、4~5面では、これかから退職を迎える皆さんへ「NTT労組退職者の会」の概要や会員サービスなどを紹介しています。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • 岡本あきこ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連