沿革


1990年代

1990年イラクがクウェートに侵攻

  • 2月総選挙で自民党大勝。社会党百四十議席を確保、全電通組織内候補九名中七名の当選を勝ちとる
  • 3月電通審が「五年後に二分割」の本答申。政府・自民党、NTT分割論「五年間凍結」を決定
  • 4月十二年ぶりにストライキ突入、一万七千円を闘いとる
  • 7月「参加・創造・躍進」をシンボルフレーズに第四四回全国大会。園木新体制がスタート、執行のモットーは、「協調・信頼」
  • 9月二九日に結成満四十周年を迎える

1991年湾岸戦争。南アフリカ、アパルトヘイト廃止。ソビエト連邦崩壊

  • 2月第109回中央委員会で「事業部制の見直し・徹底」、「社会党改革の対応継続」等を決定
  • 5月第120通常国会で「育児休業法」成立
  • 7月「情報通信労連」が「情報労連」に名称変更
  • 10月「NTT労協」が情報労連に加盟

1992年ロサンゼルス暴動。カンボジアPKO派遣

  • 6月第123通常国会で「PKO法案」成立
  • 5月「介護休職制度」実施
  • 5月NTTドコモ発足
  • 12月NTTファシリティーズ設立

1993年非自民連立政権、細川内閣誕生

  • 3月総評センター解散
  • 4月「新たな経営改善施策」最終整理
  • 7月北海道南西沖地震発生
  • 10月「希望退職制度」実施、公衆電話料金改定

1994年START-I発効。大江健三郎、ノーベル文学賞受賞

  • 6月自社さ連立政権、村山内閣誕生
  • 7月第48回定期全国大会開催。NTTの分割阻止等の実現に向け、梶本新体制スタート
  • 8月全電通ドコモ支部結成
  • 12月社会党に対し、新党結成の申し入れを実施

1995年阪神・淡路大震災。地下鉄サリン事件

  • 4月郵政省が「NTTの在り方」について電通審に諮問
  • 7月週37時間30分勤務、「4週8日」週休、夏季特別休暇、法定休日勤務に対する代替休暇等の実施
NTT経営形態見直しにむけ全国に「NTT在り方懇」を設置(1995年10月)
NTT経営形態見直しにむけ全国に「NTT在り方懇」を設置
(1995年10月)

1996年ペルー日本大使公邸テロ事件

  • 3月「NTTの在り方」問題は、次期通常国会へ先送り
  • 7月第50回定期全国大会開催。「進取果敢」をモットーに、佐々森新体制スタート
  • 12月全電通パソコンネットワーク Wings スタート
第50回全国大会(1996年7月)
第50回全国大会
(1996年7月)

1997年香港返還

  • 6月NTT再編成法成立
  • 8月全電通新聞2500号達成
  • 9月NTTコミュニケーションウェア発足。全電通コムウェア地本結成
NTT再編成法成立(1997年6月)
NTT再編成法成立
(1997年6月)

1998年長野冬季オリンピック。横浜ベイスターズ38年ぶり日本一

  • 7月参院選で自民惨敗・民主躍進。全電通組織内候補の内藤・本田両君も当選勝ち取る
  • 12月新生 NTT労組発足。「次代を創る」をシンボルフレーズに津田新体制スタート

1999年『周辺事態法』。ノストラダムスの大予言・世紀末ブーム 

  • 5月「日米新ガイドライン法」成立
  • 7月NTT再編成 新たなNTTグループ経営がスタート
  • 7月第2回定期全国大会。NTT労組歌“波よ輝け”を制定
  • 8月「通信傍受法」が可決・成立
  • 9月郵政省が「長期増分費用モデル」報告を公表し、電気通信審議会に諮問

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第700(12月2日)号
 今や日本は6人に1人が「貧困」と言われています。多くの人が「貧困」と聞くと、家もなく紛争や干ばつなどで、食べるものがないような「絶対的貧困」と呼ばれる「貧困」を想像すると思います。今、日本で言われているのは「相対的貧困」と呼ばれる「貧困」。4-5面では、「相対的貧困」について説明しています。また、本号からNTT労組新聞の1面と4-5面がホームページの組合員サイトから閲覧できるようになりました。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連