NTT労働組合について

NTT労働組合とは

NTT労組は、正式名称をNTT労働組合といい、NTTグループ企業の労働者で構成する労働組合です。

戦後間もない1946年、当時郵便事業とともに逓信省の管轄下にあった電気通信労働者は、郵便労働者とともに全逓信従業員組合を結成しました。その後 1949年に、旧逓信省が郵政省と電気通信省に分割されたのを契機に、1950年、全国電気通信労働組合を結成し運動を進めてきました。

そして、NTTの再編成に対応するとともに、21世紀を展望した新たな組織体制の確立を図るため、1998年12月1日、抜本的な組織改革を行ない、NTT労働組合として新たにスタートしました。

NTT労働組合は、組合員数16.4万人の組織であり、情報通信・情報サービス分野をはじめ、さまざまな業種・業態、雇用形態で働く仲間が結集しています。私たちは、組合員の労働条件の維持・向上を図るとともに、普遍的原則として、平和・人権・環境問題をはじめ地球規模における共存共生を基本に、情報通信分野における信頼と安全のネットワークづくり等につとめ、次代に向け自由で公正な社会の実現をめざしています。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第700(12月2日)号
 今や日本は6人に1人が「貧困」と言われています。多くの人が「貧困」と聞くと、家もなく紛争や干ばつなどで、食べるものがないような「絶対的貧困」と呼ばれる「貧困」を想像すると思います。今、日本で言われているのは「相対的貧困」と呼ばれる「貧困」。4-5面では、「相対的貧困」について説明しています。また、本号からNTT労組新聞の1面と4-5面がホームページの組合員サイトから閲覧できるようになりました。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連