トピックス

「月例賃金」にこだわり闘う
2018/02/10
連合が「春闘総決起集会」開く
 連合は、2月5日、都内で「2018春季生活闘争総決起集会」を開いた。集会には、構成組織を中心に1071人(NTT労組からは30人)が参加し、これから本格化する2018春闘に臨む決意を固めた。

 はじめに、連合・神津会長があいさつし、「2016年から『底上げ』を掲げ、①大手追従からの脱却②サプライチェーン全体で生み出した付加価値の適正配分 の考え方を柱に闘ってきた。その結果、中小の賃上げが大手を超えており、これは、連合が『月例賃金』にこだわった成果である。この流れを社会全体に広げ、デフレからの脱却を図りたい」と述べた(要旨=2面)。

 続いて、各委員会の委員長が、次のとおり、決意表明した。
 
 労働条件委員会・野中委員長(電機連合)=規模間、雇用形態間の格差は依然として残っている。「大手追従・大手準拠などの構造を転換する運動」を継続し、非正規労働者への処遇改善についても、より一層光をあて取り組まないといけない。

 雇用法制委員会・岸本委員長(電力総連)=真に働く者のための『働き方改革』となる法改正が実現するよう、全力で取り組みを進めたい。

 中小共闘センター・難波委員長(運輸労連)=中小企業で働く労働者の課題は、規模間格差による賃金格差の存在だ。最近、規模間格差は縮小してきているが、これまでに開いた格差を埋めるには至っていない。真面目に働く者が報われ、正しく評価される社会をめざしたい。

 最後に、「闘争開始宣言」を全体の拍手で確認・採択し、連合・相原事務局長による団結ガンバロウで閉会した。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第707(2月10日)号
 先日、連合は「2018春季生活闘争総決起集会」を開催。集会で、「賃上げは一時金や総年収だけではダメだ。月例賃金なら9割が消費に結びつく」と訴えた神津会長。要旨は2面で。4-5面では、NTT労組地方自治体の組織内・組織重点議員の関根ジロー松戸市議会議員を紹介。全国最多回数のマニフェスト大賞を受賞する彼。本号では、彼が進める「色覚検査実施状況調査」と「色覚チョークの全面導入」について解説します。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連