Grassroots

計画性を持とう
2018/12/01
 中央本部所在地「神田駿河台」、本郷通り沿いの街路樹・イチョウが朝夕の寒暖差とともに色づき始めた。しかし、昨年と大違いで葉ぶりが悪く黄金色に町を染める情景を期待するにはほど遠い。人伝えには「夏の台風の影響で塩害かもしれない」「暖かい日が続いたから色づく前に落葉したのでは」と、さまざま聞こえてくる。ところで台風の塩害が電車に大きな影響を及ぼしている。架線などにこびりついた塩をふき取っていくため、復旧には相当の時間が掛かるらしい。被災地に甚大な被害をもたらした今年の豪雨・台風が被災地のみならず「爪痕」を残しているのだ▼全電通労働会館の「防火・防災訓練」の一環として、「本所都民防災教育センター」で研修会を実施。参加者全員が実習するコースで、①消火器を使った消火②火災現場の煙からの脱出行動③震度七の揺れを実体験し、その際の注意点・心構え④AED実習を兼ねた救命救急――。実践研修により、さらに意識が高まった。それとともに実践は頭で考えるよりも簡単ではないし、突然襲う災害時に対応できるのか考えさせられた。各組織・ご家庭などでも機会を作り体験してほしい▼日本では「何かを始める前にはちゃんと計画を立てるべきだ」との意味合いで、「一年の計は元旦にあり」と言われる。自然災害への対応にあたっては、いろいろな側面で計画性を持って進める必要があるだろう。国や都道府県の役割としての防災・減災。企業や労働組合などの組織が進める取り組み。個々人の備え。どれも非常に重要である▼私たち労働運動の場合、大会議案で示した方針に基づく年間計画を実践している。もう師走である。仲間づくりはどうか。秋年の福利厚生施策の対応は。来春闘に向けた検討は進んでいるか。NTT事業に対する対応はいかに。NTT労組の組織改革の検討の方向性は。仲間と共に課題解決に取り組もう。

組合員向けサイト

組合員向けサイトログインはこちら

NTT労働組合に所属する組合員のみなさんに役立つ情報を掲載しているサイトです。
※ログインにはログインIDとパスワードが必要です。

Facebook

N労新聞発行速報

N労新聞最新号
第739(1月12日)号
 今週の1~2面では、「2019春季生活闘争方針」確立に向けて、1月10日から始まった各企業本部の総対話もようと、第24回中央委員会『議案』提起の考え方をはじめ、2019春闘要求の考え方や取り組みの進め方について、中央本部・平田事務局長へのインタビューもようを掲載しています。また、1、4~5面では、これかから退職を迎える皆さんへ「NTT労組退職者の会」の概要や会員サービスなどを紹介しています。

  • NTTグループのみなさん!労働相談やってます
  • たじま要
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • 岡本あきこ
  • つながろう!絆・連合
  • 情報労連